<

私が棺桶に入るまで

棺桶に入る時何を思いたいか。自分なりに頑張ったと思えると良いな~

他人と自分の境界線⑫

母と娘たち

ラインで話の流れから長女に言われました。

「お母さんが○○に優しいのは発達障害あるから?」

と。

 

う~~ん

優しい?

自分も姉妹がいるのでわかるけど、確かに差を感じてしまうのはわかりますな。

だって人間だもの。

一人ひとりの性格も能力も違うのだから、親の対応も変わるはず。

自分が一番でありたいために、本来は理解できる部分も怒りに感じてしまったりするのもわかる。

長女は勉強もできて、その点では手もかからなかった。

次女は発達障害からか、いろんなことが苦手が前面に出ていたので、長女よりは手がかかった。

長女は、自分より優遇されているのだと思い込んでいるんだろなあ。

 

自分の時はあ~やったこうやった、お母さんは優しくなかった!

 

 

そんな思いなんだろう。

 

他者の気持ちを思いやるより、自分優先になるのは当然なので、長女の寂しさはわかります。

子供が一人っ子でない限り、兄弟姉妹がいると、大なり小なり不満も出るしね。

親の立場になると突っ込まれると苦しいとこだわ。

そりゃ、性格が合う合わないもあるだろうけど、その時々の状況で対応が変わってしまっても仕方ないんですわ。

冷たくするとかそんなことじゃなくてですよ。

娘たちにしたら、不平不満が湧いてくるんでしょうな。

人間は他者と自分を比較しちゃう事が多いのでね。

兄弟姉妹なんて近い存在だから尚更比較しちゃうだろうね。

 

しかし、聞いてるのはしんどくなりますよ。

不平不満、愚痴など、娘二人分を聞くのがしんどいですな。

他者のマイナスな話は、心身共にダメージ受けますよ。

大ダメージです。

赤の他人なら、知らんがな!!で思っていれば済むけども、娘たちの話には耳を傾けないといけないと思うので、やり場のない気持ちは溜まっていく一方です。

娘の人生、本人が試行錯誤して切り開いていくのが一番なんだけどね。

娘たちが吐き出せるだけましかもですね。

私は他者に吐き出す性格でなかったので、幼いころから一人あれこれ思っては、ぐっと飲みこんできました。

 

もし私がボケてしまったら、人格変わってしまうかもですね。

あれこれぶちまけて叫んでしまいそうで怖いですな(笑)

 

娘たちは大事ですが、疲れ切ってるのも事実です。

 

人間思い方一つで幸福感が違うのでしょう。

もっと大変な境遇におられる方にしたら、毎日働いて、雨露しのげる温かい住居で生活でき、当たり前の毎日をおくれているいる事が幸福なのでしょう。

捉え方ひとつなのはわかってます。

わかっちゃいるけど、毎日疲弊しております。

 

暗いブログだな

最近吐き出し場所にしかなってないような・・・・・・・

 

だめだめ!!!

 

そうそう。

わが家の猫ちゃん、お高いおもちゃよりも。100均のおもちゃの方が食いつきます。

なんなら、スーパーの袋を丸めた物が一番好きかも。

歴代の猫ちゃんみんなそんな感じだわ。

遊び相手が居ないので、退屈気味のようです。

 


www.youtube.com