<

私が棺桶に入るまで

棺桶に入る時何を思いたいか。自分なりに頑張ったと思えると良いな~

娘を発達障害にしたのは私?⑨

障害受容ができない娘

 

大人になり、「貴方は発達障害ではありません!」

てな診断が下りる事はあるのだろうか。

 

娘は、どうしても障害受容ができない、辛いと泣いた。

 

自分は発達障害ではないかも?という可能性を期待しているのか。

気持ちの持っていき場がなく、私への八つ当たりなのか。

自分自身が自閉症スペクトラム障害だと診断される過程を前々から何度も聞いてくる。

 

娘は私に怒っているのだ。

病院に連れて行ったこと。

診断を受けたこと。

知らなければ良かったと。

 

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。

果たしてどうなのだろうか。

私が納得するために病院に連れて行ったのかもしれない。

もしあのまま病院に連れて行かなければ、娘は不登校にならなかったのか。

人付き合いはなんとかできたのか。

 

昨年に

WISC-Ⅳ検査、「WISC-IVはウェクスラー式知能検査の一つ」

HTPPテスト「日本の高橋雅春が開発した心理検査

を受けている。

 

結果がめちゃくちゃ悪い!とまではいかないが、平均の下という感じですかね。

知覚推理と、ワーキングメモリーとやらがほかに比べて低いです。

その結果がかえって戸惑う原因なのかもしれないな。

明らかに自分は困難を抱えている!というのであれば納得できたかも!

中途半端なので、障害はない可能性もあるかも!!

嬉しくはないがハッキリしたほうがスッキリする!!!

 

てな感じかね。

 

自閉症スペクトラム障害の特徴をかなり持ち合わせているので、私が早々に動いたことによってのメリット!!ではなく、知った事へのデメリットにしか目が行っていないのだ。

 

昨日は叱咤激励をした私。

逆効果だったのだな

ただ辛いとの受け止めを、いつも通りすれば良かったのかもしれない。

諦めずに頑張り続ければ、自分の成長は確実に見えるとの励ましをしたのだ。

貴女を信頼している、大丈夫と伝えたかったのだが、今の心境はそうではなかったのかな。

 

 

難しい。

人の心は本当に難しい。

 

 

は~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~💧